読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善意で舗装された道をゆく

舗装された道はとても歩きやすい どこに続いているのかは知らない

follow us in feedly

非課金であることを自慢げに語るバカ

おれはスマホゲーみたいなヌルゲーはやらないんだけど、おれの周りにもスマホゲーを一生懸命やってるヤツ(笑)がたくさんいて、そいつらが、「最近ガチャとかの課金で問題になってるけど自分は課金までするような愚かな人間ではない、課金したら人間のクズだけど自分は無料で金を払わずやってるからクズじゃないセーフ」みたいなことを平気で抜かす。

もうね、ほんと愚かすぎて笑っちゃうよね。「そっすか」と答えながら笑いがこらえきれない。

非課金のやつらは、世の中の経済を1ミリも回さないまま、ガラスの板をこすり電力を消費しながら己の人生の時間をただただ無駄に浪費しているだけのクセにそれが良いことだと思いこんでいる。課金するやつより自制できていて偉いし自分がまともだと思いこんでいる。

課金すれば一瞬で終わるようなことに無駄に時間を費やし、しかしそれでいて一銭も金銭が動かない。せっかく両親から与えられた己の貴重な人生の時間を「金を払いたくない」とかいう理由で無駄に潰し、金を払ったやつがとっくに達成したであろうゲームのパートを“金を払っていない”ことになぜか誇りを持ちながら胸を張ってグダグダとプレイして喜んでいる。

所持金に1円も余剰がないのなら仕方がない。ガチャを回すくらいならその金でもやしを買って死なないように食いつなぐべきだ。しかし、そうではないやつらがあたかも“非課金は偉いこと”かのように、課金する人間たちを“自制が効かない愚か者”としてちょっと下に見ている感じでドヤ顔気味に語ることに、極めて残念な感情を抱かざるを得ず心の中で「バーカバーカ笑」が止まらない。

課金された金は当然のことながら開発会社に入り従業員の給料となりその生活を支える、つまりは経済を回す。企業の売り上げとなるのは歓迎すべきことだし、単純に自分が作ったモノで売り上げが出るのは制作者として嬉しいだろう。シンプルで正しい金銭と価値の交換だ。それに対して非課金のやつが金を払わずプレイしても世の中の電力と己の時間が浪費されるだけでそれ以上何も起こらない。強いて挙げるなら電気を浪費しているから電力会社の売り上げ、データ通信費用で携帯キャリアの売り上げには貢献しているか。どちらにせよ意地でも非課金でスマホゲーをプレイしようとしているようなやつが世の中に与える影響はほとんど無いに等しい。友達もおらず拡散する可能性もないならなおさら、それはもう“無”に等しい。事象として何も起こっていないのと同じだ。それなのになぜか自分たちは課金する人間よりまともで偉いと思いこんでいるようなフシがあって、それも1人や2人ではない。そういう主張をする人間をかなり見かける。ブンブンヒカキンティービージューーン

どう考えても課金せずにいつまでもダラダラとプレイしているのが一番愚かな行為だ。それは本当に誰にもプラスにならない。適度に課金しながらプレイした場合に比べて驚くほどなにも起きていない。金を使わないのだから己の金は減らないだろうが、同時に自分にとってなにか知識が増えたわけでもないし、体力がつくわけでもない、そこそこの達成感が得られるかもしれないが、それも課金勢に比べたらゴミみたいな進捗、そして自分以外の他人になにひとつ影響を与えない。それを“無駄”と言わずしてなんというのか。

明らかにちゃんと課金するヤツの方が偉い。自分で稼いだ金を何に使おうが勝手だ。 何事も加減をしらないヤツがアホなのは分かり切ったことだが、適度にやっているなら意地になって非課金を貫いているやつより金を払っている人の方が圧倒的に“まとも”だ。

おまえのその非課金貧乏人アピールはいったいなんなんだ、それをどんな顔して聞けばいいのだと職場の同僚に100回くらい言いたい。 ブンブンヒカキンティービー